VS Codeのインストールと日本語化

開発環境

VS Codeのダウンロード

VS Codeの公式ページに移動します。

vscode

ページ下部に各OSやインストーラー毎のリンクがあるのでそこからダウンロードします。

Windows版インストーラーの違いについて

Windows版のダウンロードには次の3つの種類があります。

  • User Installer
  • System Installer
  • .zip

.zip

.zipはインストールせずに利用できるバージョンです。
気軽に利用できますが、自動アップデートの機能がありません。

一時的にVS Codeを使いたい、どんなものか試しに使ってみたい場合に向いています。

User Installer

User InstallerはインストールしたユーザーアカウントのみVS Codeを利用できます。

System Installer

管理者アカウントでインストールする場合はこちらを利用します。
PCにログインできる全ユーザーがVS Codeを使えるようになります。

User Installerを管理者アカウントでインストールしようとすると次のようなポップアップが表示されます。

this user installer is not meant to be run as an administrator

this user installer is not meant to be run as an administrator

このユーザーインストーラーは管理者として実行されることを意図していません

if you would like to install VS Code for all users in this system

このシステムのすべてのユーザーにVS Codeをインストールしたい場合

download the system installer instead form https://code.visualstudio.com

https://code.visualstudio.comからシステムインストーラをダウンロードしてください。

Are you sure you want to continue?

続けますか?

という警告がでます。

管理者アカウントの場合はSystem Installer、管理者権限がないアカウントならUser Installerがよいでしょう。

※この記事では、Windows64bit版 System Installerでインストールを進めます。

インストール

VS CodeSetup-x64-1.33.1.exeをダブルクリックし、インストールを開始します。

※User Installerの場合、VS CodeUserSetup-x64-1.33.1.exeというファイル名になります。

セットアップウィザードが表示されたら、次へをクリックします。

使用許諾契約書の同意を求められるので、同意するを選択し、次へをクリックします。

インストール先を指定します。こだわりがなければそのままでよいでしょう。

プログラムグループを指定します。こちらもそのままでよいでしょう。

追加タスクを選択します。

初期値ではPATHへの追加のみチェックが入っていますが、以下の2点は追加しておいたほうがよいでしょう。

  • エクスプローラーのファイルコンテキストメニューに[Codeで開く]アクションを追加する
  • エクスプローラーのディレクトリコンテキストメニューに[Codeで開く]アクションを追加する

最後に内容を確認し、問題がなければインストールをクリックします。

無事、インストールが完了しました。

インストール直後のVS Codeは英語表記なので次は日本語化の設定を行います。

日本語化

  1. Extensions(四角いマークのアイコン)をクリックします。(CTRL+Shift+Xでも可)
  2. パネルが開くので検索ボックスにJapanese Language Packと入力します。
  3. 表示された日本語パックを選択
  4. 画面右のInstallをクリックするとインストール開始します。

インストールが終わると画面右下にRestart Nowと表示されるのでクリックします。

再起動後、VS Codeの日本語化に成功しました。

日本語化されたVS code

テーマの変更

初期のテーマが個人的に合わなかったので変更します。

テーマを変更するにはファイル基本設定配色テーマと選んでいきます。

VS Codeでテーマの変更

カラーテーマピッカーが開くので、自分の気に入ったテーマを選びましょう。

カラーテーマピッカーでテーマを選択

なお、気に入ったテーマがない場合、その他の色のテーマをインストールで新たにインストールすることもできます。

テーマの一覧はVS Codeのマーケットプレイスから探すこともできます。

コメント