ロリポップ ハイスピードプランは月額500なのに高速・移行も簡単だった

サーバー

2020年8月にロリポップのハイスピードプランが値下げされ、とってもお得になりました。

高速・ハイスペックなレンタルサーバー会社を意識し、料金も性能も負けてないとアピールしたいのだと思います。そこで、ロリポップのハイスピードプランが他社に負けない金額、性能なのか調べてみました。

この記事ではこんな方を想定して書いてます。

  • ロリポップを使った事がない方
  • ロリポップはサブサイト向けレンタルサーバーだと思っている方
  • 月額1,000円以上サーバー料金を払っている方
  • お使いのレンタルサーバーに不満のある方
  • 料金は安くしたいけど、速度は妥協したくない方

この記事に向かない方はこんな方です。

  • 共用サーバーでは動かないプログラム言語が必要な方
  • お使いのサーバー会社がとにかく好きで乗り換える意思のない方

ハイスピードプランは月額500円~

値下げ前のハイスピードプランは月額1,000円でした。

高速・高性能を掲げるレンタルサーバーの中では低価格と言えるものの、同じ価格帯のレンタルサーバーは多いので、金額だけで乗り換えるメリットは少ないと思っていました。

しかし、リニューアルされた料金プランでは最低価格500円、1年以内の契約でも750円と全体的に安くなっています。

次の表は人気のレンタルサーバー会社、エックスサーバー・X10プランとの料金比較です。
全ての期間でハイスピードプランの方がお得になっています。

会社名 プラン 月額料金
6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
ロリポップ ハイスピード 750 750 630 500
エックスサーバー X10 1,000 1,000 950 900

毎月400円の差と考えると小さく思えるかもしれません。
ですが、36ヶ月(3年)契約で14,400円の差は大きな差と言えます。

さらに、19周年記念を記念して、『契約期間1年間延長クーポンプレゼントキャンペーン』を実施し、エックスサーバーより実質25,200も安い計算になります。(2020年12月10日(木)23:59まで)

また、ロリポップのハイスピードプランは常に初期費用が無料ですが、エックスサーバーはキャンペーン中のみ無料となっています。

料金面はハイスピードプランが圧倒的に優れていると言えるでしょう。

月額500円~なのに高速・高性能・電話サポート付き
ロリポップハイスピードプラン(10日間無料付き)の利用はこちら >

業界最高水準のスペック

ロリポップのハイスピードプランはレンタルサーバー会社を代表するにふさわしい性能になっています。

ここでは主なスペックしか紹介していませんが、個人の方・法人の方、どちらでもホームページの運営、WordPressの利用に十分なスペックがあります。

無料ドメイン あり
独自ドメイン設定数 無制限
サブドメイン設定数 無制限
お試し無料期間 10日
SSD容量 250ギガ
Webサーバー LiteSpeed
無料SSL あり
Mysql5設置数 無制限
電話サポート あり

法人のホームページに多いのですが、リースや他のサービスと抱合せでレンタルサーバーを契約している会社があります。

そういったサービスはレンタルサーバー専門の会社ではないので、料金が高い、スペックが低い、使い勝手が悪いなど使い続けてもいいことはありません。

  • 月何千円もサーバー費用がかかる
  • レンタルサーバー専門会社ではないのでスペックが低く、機能改善もない
  • SSLなどのオプション料金が非常に高い
  • ドメイン、サブドメインの追加が手軽にできない
  • WordPressなどのCMSを手軽にインストールできない

このようなケースに1つでも当てはまるなら、ロリポップのハイスピードプランに乗り換えた方が良いでしょう。

月額500円~なのに高速・高性能・電話サポート付き
ロリポップハイスピードプラン(10日間無料付き)の利用はこちら >

低価格なのに電話サポート付き

ロリポップのハイスピードプランは、最低価格が500円/月という低価格なのに、きちんと電話サポートが付いています

電話サポートは人件費がかかるので、多くの格安レンタルサーバーはメールサポートしかありません。実際、ロリポップの低価格プランでは電話サポートが付いていません。

  • 初心者だから困った時に心配
  • 問題があったらすぐに相談したい

このような方にも安心してオススメできるサービスです。

PageSpeedInsightの水準をクリア

いくら金額が安くても、速度がでないと意味がないと思う方もいると思います。

次は実際にハイスピードプランの性能はどうなのか、もっとも有名な計測ツール、PageSpeed Insightsで調べてみました。

結果は、テーマによって差はあるものの、ハイスピードプランの性能は十分でGoogleの要求する水準を問題なくクリアしていました。

前提条件

速度比較の前提条件はこのようになっています。

  • テーマはTwentyTwentyと、Cocoonの2パータンで計測
  • 再現性を保つため、記事はテーマユニットテストデータを使用
  • WordPressの設定、サーバー設定は変えず初期状態のまま

TwentyTwentyでの測定結果

PCは97点とほぼ100点に近い数値がでています。
モバイルの数値が低いのはテーマが原因です。

Cocoonでの測定結果

PCは98点と1ポイント増えましたが、ほぼ誤差の範囲といえます。
PCはほぼ変わらないのにモバイルが大きく加点されたので、テーマによって数値が改善されたのがはっきりと分かります。

サーバーの速度が低いとどうなるか

サーバーの速度が低いと、PageSpeedInsightでは次のような改善案が表示されます。

この「最初のサーバー応答時間を速くしてください」という改善案がでてしまうと、次の方法でしか改善する方法がありません。

  • サーバーを変える
  • サーバーキャッシュを利用する

キャッシュでて高速化する方法はサーバー移行せず行えますが、トラブルに繋がりやすく慣れた人でないとオススメできないので、サーバー自体の性能を上げるほうがトラブルもなく確実です。

月額500円~で高速・高性能・電話サポート付き
ロリポップハイスピードプラン(10日間無料付き)の利用はこちら >

WordPressの移行が簡単

レンタルサーバーを変えるのはいいけどWordPressを移行するのは面倒、上手く移行できるか不安だ。と思う方は多いでしょう。

ですが、ロリポップはWordPressの簡単移行ツールがあるので移行元のURLを入力するだけで移行ができます

※今お使いのレンタルサーバーがどの会社でも、一定条件をクリアしていればWordPress簡単移行が使えます。

このように表示されれば移行は完了です。

また、WordPressの簡単インストール機能もあるので、新しくWordPressを使う時も便利です

ロリポップ ハイスピードプランの総評

冒頭でも書きましたが、「ロリポップはサブサイト向けレンタルサーバーだと思っている方」は多くいると思います。実は、今回の調査をするまで私も同じように思っていました。

しかし、詳しく調査をすれば、高性能・高スペックを打ち出すサーバー会社に引けを取らないどころか、お得なサービスだと分かりました。

レンタルサーバーは競争が激しく、高速、高品質を打ち出したサービスも多くあります。

ロリポップ、ハイスピードプランはそういった数ある選択肢の中でも、一歩抜き出たサービスと言えるでしょう。

月額500円~で高速・高性能・電話サポート付き
ロリポップハイスピードプラン(10日間無料付き)の利用はこちら >

コメント

タイトルとURLをコピーしました